TOPFlash VersionHTML Version新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

« 6月3日(月) | メイン | 6月5日 »

1996年06月04日

6月4日(火)

イチコ、新宿へ。
☆フィリピンのジャーナリストが来る。
・キリスト教の学生が来る。

親分こと佐々木さんの派閥「新宿きょうだい会」がはばをきかせている。
いよいよ本格的なスラム化に突入か?


いかついおっちゃん:「よぉ兄ちゃん、お前の絵は冷たすぎる。もっとあたたくて優しい絵を描け。」
そのいかついおっちゃんが見せてくれたノート。
「お母さん、私は新宿で仕事をしています。がんばってます。」
笑いそうになったけど、泣きそうにもなった。


タケヲがマンガ本読んでぐーたらしている間、イチコは新宿行って絵を描いて、ホコ天観察、コニカギャラリー行って、取材受けて、ワープロで文章考えて、やることキチッとした上に酒まで飲んでいた。
なんというバイタリティー!


投稿者 Take_Junichiro : 1996年06月04日 00:00