TOPFlash VersionHTML Version新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

« 1995年11月 | メイン | 1996年01月 »

1995年12月01日

12月1日金

師走。頭痛だ…。

これまで 週間主な出来事
1.201から301へ部屋移動
 黒下地完成
 高沢さんと千葉の中華料理(菜来)
 新宿:山根ドツボリ休み

2.堀口さんとステーキ屋(いわたき)
 いわし
 メイン
 新宿:タケヲ、ドツボリ休み

3.山根ネゲロ事件
 新宿の目側に進出

4.辻仁成からtel
 全体的にいい調子

5.初の雨、山根スキンヘッド
 舞台NARAYAMA

6.山根カゼどつぼり
 タケヲどつぼり
 全面に手が入る
 イチコ裸踊り事件、入浴酒のみ事件
※次ページ
6.のつづき
 オヤジアルツハイマー症状はじまる
自分の顔を見られるのが余程イヤとみえて寝るときは頭からかぶって寝てしまう。つまらん…


「調べてくるもの」
・七福神、宝船にのってるヤツ(あと、エベスの扮装)
・自由の女神
・大名行列
・竜=龍
・コインロッカーベイビーズの表紙
・日本の歴史

ニッペホームペイントの白を買ってみる。

'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月02日

12月2日(土)晴れてたと思う何しろ地下だからさ 新宿の日

箱をピンクに塗ったのさ
そうしたらカタルシス得ちゃったのさ。

本当にカゼには気をつけよう。


'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月03日

12月3日(日)はれ 乾燥

イチコ:今日は昨日ピンクに塗った所にサイケデリックでポップでヒップホップなで斬新な絵を描いた。※参照
しかしやっぱあの植木は邪魔だ。
山根が来ない〜、せっかくワイン持って来たのに
僕は胃が痛い〜!!背中も痛い〜!!

タケヲ:ヤマネ君はどうしてしまったのだろう
風(邪)に誘われて旅に出ちまったんじゃないだろうか。
心配心配。
明日はどうするんだろう。ああ…ー

うーん
「東京ジャーナル」桜井(フリー)さん、いつになったら僕たちはアート特集に出られるのでせう…。
でも、マスコミに載る事はあんまり考えない方がいいかも…。
『俺たちの目指すものを忘れるな!』
※次ページ
えっ…。
僕たちの目指すものって…?
天竺だったっけ?
それともバスルーム?
秋田名物きりたんぽ。忌野キョーシロー
はひふへほんとは あっぱらぱー
ふへふへふへ

シーン

狂気とヨイヨイは違う!!
苦悩と自分に酔うことは違う!!

'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月04日

12月4日(月)晴れちょっと曇ってるかも へきがのひ。

資料が足りない。ヤマネにかけるか!?

今日はみんな風邪ひきだどうしよう。

七福神
えびす 商家の信仰神
ほてい 中国の布袋和尚、腹が出てる
大黒 仏法僧を愛し、飲食を豊かにする
弁天 音楽・弁舌・福徳・知恵・財宝を司る女神
毘沙門天 四天王の一つ、鎧・兜・矛・仏法を守る、多聞天
寿老人 長寿、白いひげ
福禄寿 背が低く、頭が長い、経巻を結びつけた杖を持つ

'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月05日

12月5日(火)はれて風ないけどさむい 客はなはだ多し

さかってます!昼一台もなかったのに…
ひょっとして『ピア』効力か?まさか…?でも僕、本当の事言うと、「アーティスト特集」に出たい!!
p.sちなみにピアには出てなかった。世の中そんなもんだ。

朝、目覚ましがならなかった。
今週はキメに向けてのぶっ壊し作業や!

どうにも難しい。完成させることばかりで余裕がない テンションが低い
つかれた

疲れてるのはみな同じ。今、自分たちの絵を良くしたいか、という事なんだ!!
ここで流されたらずっと自分の限界を見ずに生きてしまう。
それでもいいのか?

それでいいと思う人間は表現者である資格はない。

テレビを観て政治家に文句を言い、学校に中途半端に通って学校の悪口を言い。
適当にバイトして仕事のグチをこぼし、
人におごってもらって喜び、
現状を打破出来ない友達とキズの舐め合をする。

そして年相応に恋人を見つけ、年相応に結婚して、毎日を目を閉じて自分の本当の心と会話もせず、多忙に生きるのだ。
人はそれを幸福と呼ぶらしいが、表現者にそんな幸福など似つかわしくないのだ。奥の自分とのコンタクトを忘れたら、
※次ページ
人間は宇宙とつながる事が出来なくなる。アイデアがなくなる。想像力が食う事のみになる。インスピレーションがふらなくなる。向こう側が見えなくなる。だまされる事に気が付かなくなる。メディアにおどらされて行く。だから価値観にしがみつかなくてはならなくなる。心が狭くなる。直観で人を見れなくなり、肩書きや立場で全てを計ろうとしてしまう。
食い違う価値観に目を向けることも、耳を貸すこともしなくなる。ただただ「幸福という価値観」にしがみつくしかなくなる。自分の感受性が消えて行く。自分が居なくなる。
そんなんでいいんか?

今の自分にあるものを考えてみ?
「命と才能」
表現するしかないのだ。絵を描くしか、しかしそれが自分を救ってくれる。そしてそこから未来の物語りが発展して行く。

システムに乗っかるよりも独創的でスリリングで幻想的で楽しい未来が!

逃げる事は誰でも出来る。
逃げてないという理屈を打ち立てるのも簡単だ。
自分の奥からイメージを引っ張り出すんだ。そこに素晴らしいものがあることを信じて。
苦しくても感性を研ぎ澄ませて、イメージを具体化させて現実のものとしよう。それが絵なんだから。

※次ページ

ウルセェ  うっとおしいぞ おやじ はやく くたばれ


何でも君がやってくれるから僕は無責任でいーんだ。体の具合が悪くったって、心の具合がわるくったって、みーんな君が解決してくれるから。
僕は気分が乗らなかったらテキトーにサボるんだもん。
文句は言えるし、最終的な責任は君が負うんだもんね。


やっぱり自分以外を頼るものじゃあない。自分の問題だもんね。

'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月06日

12月6日(水)はれ、風ほとんどなし 客ほとんどなし

このペースで続けてもギリギリだ。

くだらない事にとらわれているヒマはない。
時間に追われるのは嫌だけど、リミットを決めた緊張感も時には必要だと思った。

(タケヲ)
久々にいいノリだったぞ この感じがいい。
やっぱり遊びながらやるといいな。
「遊ぶ」ってことはやはり楽しまなくちゃならん
楽しいたのしい たのしたのし るらるらったんたんた ポンポンヨーッ。


眉剃ったんだイカス?

次はその唇を何とかしろ
その次は出目
その次は鼻の下
その後 あたまのかたち
いやまてよ その前に そのひねくれた精神が先?
そのまえに
そのまえに…

しょうこ!
しょうの音はいつまでも響くのであった。
-不良少女とよばれて

※次ページ
※次ページ

手塚治虫ノーマン(1.2)と短篇を読む。
手塚治虫ヒューマニズムとでも言いましょうか。気分によってはこの説教臭さが鼻につく時もある。けれどあくまでも人間の心、を描こうとする手塚治虫は相当業の深い人間だったに違いない。
描いても描いても描いても消えない深い心の傷を感じる。
僕は手塚マニアではないから彼自身のことについては知らない。
しかしヘビーな内容を、あくまでも完成された絵とストーリーによって、しかもエンターティメントを決して外さずに見せるなんて…。
内容もさることながら「コマ割り」「構図」に斬新なアイデアをいともアッサリとキャッチーに盛り込んでしまう所なんざぁ、もう…。
 僕らの絵も、楽しくってハチャメチャで荒唐無稽でヘビーで暗くて感覚的で人情的で…と飽きのこないものでありたい。

結局 僕は芸術なんて言葉に用はない。
おもしろい作品を産み出したい。

僕はひねくれてなんかいないちょっと複雑なだけなんだ!

手塚作品にはあまり「不条理」はない。
赤塚不二夫作品にはほとんど「寓話」はない。
不条理と感覚だけだとやっぱり長篇は難しいだろうなー。

※次ページ

誰の手だこわい…!コワイコワイ
自らを抱きしめるようにして眠る山根君
彼に安らぎあれ!

むにゃむにゃ

その後ポーズを変えて手のひらをにぎにぎする
口が時々むにゃむにゃと動く
断片的にいびきをかく
よく動く
まわる
おどる

'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月07日

12月7日(木)はれ 若さとのケツ別

(イチコ)
今日は朝起きることが出来なかった。何かの糸が切れたみたいに気力が出なかった。
窓を開けてみたけれど体が動こうとしてくれなかった。諦めて午前中は眠ることにした。
少し復活した。
ひょっとしたら山根にカゼをうつされたのかも、うー、用心用心

(タケヲ)
今日は寒かったがよくやったって何をだっけいやいやまだまだこれからさ月との格闘が続く。

※次ページ
何で僕は顔がでかいと言われてしまうのだろう。(だってでかいんだ)
ちくしょーちくしょーちくしょー
くやしいくやしい


キャータケサンステキ♡
(若き日の栄光にすがるなんざぁ。年はとりたくないね。)
武盾一郎セブンティーンの図

10年後…
(真実ってなんて残酷なのでしょう。彼に幸あれ)
飛び出す眼球
二の腕の方が細い不思議な手
乳首の周りの奇妙な縮れ毛
濃い足も
伸び切った足

※次ページ
夜のちょっとした会話 -それはベッドの端に座って黙々とサロンパスをはるおやじを見たときの山根のひとこと…から始まった

武サン本当に顔でかいんやなァ
こんなショーゲキ的にデカイ思ったんははじめてやーふえー

ちっ…違うよほら僕はさ座高ひくいからさ
立つとそんなでもないだろねッねッ
(もうわかったから…もう…いいよ…無理すんなよ。)


タカザワサンから電話 一品オバチャンがにゅうめんくれた
そうじのおばちゃんみあたんない、ヤマネ嘆く

※次ページ
おれって孤独…!
あなたはよってんのよー

※次ページ
アンタホントにそれでいいの?

いいのぼくはもう大きくなんないから このまんまだから そんでしぬの

ぼくはこのままでいいよ ぼくもいいよ

きこえないの

やばいよなこのまんまじゃぁ でもいますぐやめるわけにはいかないし…

これがおわればあそべるんだから

大体掃除機って機能的だけどヘンな形してるよネ しまうのにタイヘンだったらモウ

あっ、とんぼ!

'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月08日

12月8日(金)

(タケヲ)
目標期日迄あと2週間
ここが頑張りどきさ

(イチコ)
今日は僕の親友、ジョン・レノンの命日だ。おージョンよ、僕は君に近づいたのか?
♪イマジン〜
(似てねー)

『左側の壁』作戦
・けむり→バケモノの所からクラッカーみたいなテープをかく

でかく色わけ
ふじさんのうしろを宇宙
ニイハオをかく


'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月09日

12月9日(土)新宿

先週の5軒長屋を手がける。
僕と山根で描いた絵は結構妙で良かった。
タケヲの絵も結構いいと思ったけど本人は浮かない顔。
・東京ジャーナル
・毎日新聞が来た。長々としゃべる。
遠藤さんが来て来年1月の撤去の事を言った。

小暮さんが来て無言のまま写真を撮ってそのまま去る。ウキー
高澤さん、来週の土曜日に二丁目へゴー!


'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月10日

12月10日(日)新宿 たぶんはれ

小暮さんの路上写真展があった。フィルム300本10000カットからの30数点の作品。本人曰く「今回は突き放して作品を創った」という
ホームレスの人たちの中に入り、同化し、空気のような存在となって路上生活者たちを撮る。
長い時間と根気のいる仕事だ。
重い意味を持つ問いかけ、冷静な視線の中に人間社会の何か対する深い憤りを感じた。
 見た目は軽薄そうな小暮さんだが…。
僕ももっといい絵を描きたい。

昨日ファンさんの所へいかなかったので今日会いに行った。
みそ汁、ソバ、ミカンもらった
うまかったんだよ…
「ファンさん 神・人・愛についておおいにカタル」


'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月11日

12月11日(月)はれ 風なし 気温もてごろ 壁

(タケヲ)
広く見て少しずつ変えて行ったら、何だか「わくわく」ドキドキ ドコドコ ズンズン バチバチ ベチャベチャズルポン
してきた。悟空の所を半円から目の形にした。あとは詰めて行くだけ。ここからは忍耐力の勝負となる!?

変な女の人(若い)が壁画を覗きに来ていた。
アニメ「ブラックジャック」をみる。あまりよくない。


'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月12日

12月12日(火)はれ→雨 風なし 気温良し 客多し

(タケヲ)
悟空がムズカシイ。ポーズやら何やら少しずつ変えつつ進む。
もっと見やすくするにはどうすりゃいいのか!?

今日はお客さんに声をかけられた。
ヤッタア!
ワーワーワーワー

今日はイマイチ上手く筆がノラなかった。でも終わりごろは何とかまとまった(と思う)あとは詰めてゆくのだ。

映画「二十歳の微熱」を観る。なかなか良かった。


'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月13日

12月13日(水)はれ 風強し 客も多く、やりにくし

このごろやけに時が経つのが早い。何とか完成させねば。
午後、毎日新聞が来る。2時間くらいしゃべる。ちょっとしか制作は出来なかった。
パワーだ!パワーだ!
しかし…。

(タケヲ)
何だか勢いがついて来た 何のこっちゃ
よう分からんが締め切りがあるということは興奮が緊張で神経が動揺してる 何のこっちゃ。
つまりツメよツメ。
新たなアイデアよりどの様に画面を良くしてゆくか。
埋めることより一つ一つの完成度の高さを求めたい。ザツに見えるのはヤダー。
ごまかして見えるのはもっとヤダー


'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月14日

12月14日はれ 風なし 気温高し 気持ちよい

(タケヲ)
もうあと10日でクリスマス・イヴだ!
掛けるのは6日…これぁもうハイテンションでいくしかない!
頭使うよりカラダ動かせ
クリスマス・デビューするんだってばさ
絵なんて早く描けるもんじゃない だからって期間があるならそれまで続けるんだ
感覚を維持させるんだ

(イチコ)
お昼前、風はなく、日がポカポカとそこら辺の空気を穏やかにさせている。
何だか遠い昔に行った気分だった。
でも、あの切なくて悲しい感じはしなかった。
とにかく一歩一歩、キメて行くしかない。

本日はダンボールハウス制作4ヶ月記念日だ。
山根一日中休み

星をかく 前後関係ナシ
カエル雲を完成させる
ウサギ奥行き


'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月15日

12月15日(金)

タケヲ:今週最後!何すべきだ?!

朝のおやじ 何いってんわかんねーよおやじ
(そーなんだよ うるさいったらありゃしない)

イチコ:念ずれば花開く(野村監督)

タケヲ:結構進んだ悟空
結構見えて来た煙り
ケッコーオモロいぞ
奥行き出てるぞ町並み
このカンジ
このカンジで
エーーーーーー

※制作ノート vol.1(95年10月24日〜12月15日)終

'95.10.24〜12.15 Note 01 : Permlink

1995年12月16日

Vol.2

※ラブホテル「インターユー」壁画完成、新宿西口地下道強制撤去、山根康弘の脱退、段ボールハウス絵画制作再開。

'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

12月16日(土)晴れでも外は寒いし夜は冷え込む 新宿の日

(タケヲ)
場所を変えて描いた。都庁のよく見える。
段ボールハウスとあんまりにも差があり過ぎる所だ。
地下道はおっちゃん達がビラ配りをしていた。
亡くなった人に線香をあげた。
複雑な気持ちだった。

クリスマスと正月のCMが同時に流れる楽しい楽しい12月

カンポのCMが青ダイショーから中村マサトシにかわった。もうあのねちっこい声で”カンポ!!”ときくことはできないんね。
時は流れた

'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月17日

12月17日(日)はれ 今年もあと2週間かあ…しみじみ

(JOE)
(電車の中にて)
となりのカップル気持ち悪ィー。自分たちの結婚式の写真見て酔いまくってる。しまつにおえん…。
切符の裏に「JR東日本 マナー川柳」発見

 酔っぱらい 君のまわりは ドーナツ化

ク〜 泣かせますなあ。うん、うん、そうだよな。わかるよ、その気持ち。ウソツキ。
「はげおー はげおでございます」
「タケヲー タケヲでございます」
「あけおー あげおでございます」
マスオ マスオでございます。
降りなくちゃ。でんしゃははやいなあ

洗濯機が回る。ヴーンヴーン。
嗚呼、何てケナゲな洗濯機。白くて四角いのも律儀です愛しい。
嗚呼、何て風の強い日。
今はもう秋、誰もいない海。八代将軍吉宗はもういないけれど、私は負けない。だって涙が出ちゃう、女の子だもん。
ひゅるり ひゅるりららと新都心交通とゆりかもめが鳴く
そして今日も、いわしの頭が風に舞うのね。
でも、私の悩みは3人のセンター試験での漢字の読み書きなの…。

次の漢字の読み方を書け
1 強いる(   )
2 溌剌(    )
3 懐炉(    )
4 忽ち(    )
5 魑魅魍魎(     )
6 赤裸々(     )

次の漢字を書け
1 かっしょく(      )
2 ちへど(      )
3 せきり(     )
4 わびさび(     )
5 どざえもん(     )
6 こんじきやしゃ(     )

タケヲ6点 山根7点 タケ5点
間違えた字は10回練習しましょう。


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月18日

12月18日(月)晴れ暖かい 風ほんのりすこし有り

イチコ:今週で完成させる。その思いは3人の中に充分ある。
山根とタケヲからその緊張のオーラが出ている。
これをうまく絵に置き換えていきたい。
僕も頑張るしかない。少しだけ神様からも力をかりたい。

タケヲ:ラスト5日前だ。イヤ、あと4日 気持ちの上ではあと3日で仕上げたいのだ。
今の気持ちをコトバにするのは不可能だ。
とにかくコレだこれ。ここにあるそれ。

'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月19日

12月19日(火)朝カラ曇ッテ午後ニトートー雨フッタ 寒し

タケヲ:
どうしても気になるところ
(メイン左側)
卵のもよう
太陽、月の顔(表情)とまわりのまる
うさぎ
コンドーム君の描写
ニイハオ

(メイン右)

大名行列
エビスのカオ
インターユーの波
城の緑
メエメエ おほり

あたまの中がパニックパニック
あっちもこっちも終わんない
ウワーウワー!!!と思っていたら
雨が降ってきた。
すこーし冷静に考える。
そんなに大変なことじゃない。
落ち着いてやれば何てことないのだ。
大丈夫
うまくいくさ。
でも雨ははやくやめ。

やっと先が見えて来た…
3日前にしてこんな気持ちにやっとなるとはまるで中間前の3日づけみたいなカンジ。懐かしいけどアセル。
でもアセッてるといいの描けないから忘れる。


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月20日

12月20(水)はれ 客少なし

タケヲ:
もう20日!もうあとがない!アアもうもう!!!
…でもアセらないよ アセってなんかないさ
フはは

いけいけ GO GO!
すこしずつ完成させてゆくのだ
-年寄りとボウズはまだ寝ている。しかし年寄りの朝の遠吠えは何かイミあんのか?

イチコ:きまぐれポット君
タケヲ:お口がポット君
ヤマネ:お湯丸
イチコ:カチッと湯〜
イチコ:ポットひと息
イチコ:キューポット
タケヲ:むにゃむにゃ

タケヲ:
おどる中年
とるボウズ
みてるアタシ
「何やってんだアホ共」

※次ページ
オレ、チョコレートもパンもくってねぇのにいつのまにかなくなってんのーもー プンプン

第一回油大会
果たして世界一の油性は誰でせう!!
1位 ヤマネ君
2位 イチコ
3位 意外にもタケヲちゃん

イチコ:とにかく物が壊れるというのはいいことだよ
ヤマネ:それってギャグだよ 笑えない
イチコ:いや、笑えるよ
イチコ&ヤマネ:ドリフってすごいね

※次ページ

映像作戦
 絶対に壊れそうにないものを簡単にこわす。
破壊からしわまでー大いに語る
------------------------
ホテルのなまえ
・星(宇宙)
部屋の絵


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月21日

12月21日(木)

タケヲ:
今日でおしまいこれでおしまい
おしまい
おしまい

右側
・城のとこ
・悟空のところ
・インターユーのところ
・エビスの顔
・ナスカの地上絵のちょっとした所
・カッパの頭上

左側
・けむりあとちょっと

メインの丸玉
メインの下
池のヒモの一番右側

なんとか完成まで一歩!のとこまできた。
もうあとしこし!
もうあとちょっと!!
残りあと1日!!

※次ページ
※次ページ

あと少しだ ファイトー一発!!ゴウゴウ

あっこれ銀河鉄道の夜の曲だ〜
細野晴臣ってさすがー


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月22日

12月22日(金)冬至でやんす。壁最後の日

タケヲ:
とうとう壁 最終日なのだ!
もうこれでオワリ
もー描けないんだよ ウォッ ウホッ

→忘れてる所はないか?
気になるところは
足したい所は
どこまで完成なのだ
自分の中でどこまで納得行くか

勝負だ!壁と!

イチコ:
おわりー?
完成だ。最後の瞬間まで気をゆるすな

※次ページ
タケヲ:
おわった おわった
また新宿ONLYの日々が始まる
1月まで休みはない打って打上げて
あすからまた 新宿だ!!!

'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月23日

12月23日(土)はれ あたたかし

新宿やーぃ。
通行人がやけに絵を見て行く。小暮さんが写真展をやっていた。少し話す。

小暮語録で印象に残ったもの(共感を得た言葉)
ヤマネ:「テレビはイメージを固定化させてわかったような気分になってる」ような所に共感を得たと語る。
タケヲ:自分の意と反した事を書かれると自分の作品も嫌になる。
イチコ:マスコミで仕事をしてた時の自分の写真にリアリティーを感じれなかった。

作品以上にコメントを求めるな。
マスコミはバーチャルなのだ。

笑うと目にしわたくさんよるコグレさん。ちなみに歯並びの悪いコグレさん

※次ページ

この日、たった今ホームレスにならんとする人に出会った。


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月24日

12月24日(日)晴れ 風メッチャ強し!

タケヲ:
なんかしんらんがやたら風が強かった。
新宿も強かったが埼玉もすごかった
ビウビウ吹いていた。
コンタクトにゴミが入って大変痛がっていたらNTT前の公衆電話で国際電話をかけるイラン人君達が並んでた。
ううん(色っぽく) クリスマス・イヴ。

今日は朝寝坊(思いっきり)してしまった
山根がこなかった。飲んで寝ていたのだ。
絵はいい方向に向いている
コンディションの問題だけだ。

テレビで岡本かの子のことをやってた。「純粋」「一途」と人は彼女を語る。
はた目にはどうみても不道徳なのにそれをゆるす一平。
「ゆるす」というのとはちがうのか?
「不道徳なもの」に対して「純粋」「一途」と感じた人が「悪女?」

なんで?どうしてなんなんだ?

※次ページ
イチコ:
和食の元板さんのおっちゃんに会う。
いちずさは、一途さは社会に受け入れられないのだろうか?

タケヲ:
双子の子供は見飽きたが、双子のおじいちゃんはなかなかいい。
今日の電車のじいちゃん、ふたごではないと思うが、
よーーうくにていた。

ジュンスイになろうとする心ほどフジュンなものはない。
自分を忘れない生き方がジュンスイなんでは

「純」
はたから見る印象
自分で思ったらおしまい

よってツツイミチタカはあのわざとらしい演技でもゆるせてしまうのである


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月25日

12月25日(月)晴れ 風冷たし!冷え込みはげしい

イチコ:
かさいさんに「あと、もうちょっとだからがんばれ」(もう少しで撤去されるという意味)と言われた。

タケヲ:
カサイサンはどうするんだろう。
ファンさが農協乳酸菌飲料をくれた。
あちこちに手をつけ始めた
なんかしらんが いそげ!


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月26日

12月26日火 晴れ またまた風強し

ホットドックプレスが来るが取材拒否的態度をとってしまった。
ぴあにのる。
りえちゃん来る。

DM案
・子どもカップル
・女性と男の子
・老カップル
・こけしを持つ
・はだし
・走った直後の顔
・ハイヒールで絵をふむ
・村の裏道で

路ハ死ナナイ

'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月27日

12月27日(水)

TBSプロジェクトJみたいな名前の番組が取材
ひどく心が重たくなると思ったら、やっぱり山根の心が見えたからだった。
 しかし三人の三人としての制作は All or Nothing だから、三人としてのセッションが出来なければ、それは無意味なんだと思ってしまう。


僕は小心者だから、いつもどうしていいのか分からなくなってしまう。でも僕は誰よりも働いているし誰よりも強く居る。
それに対してどう思うのか?
山根、消える前に俺と勝負しろ、
山根、消える前に自分の悩んでいた事柄が全て単たるナルシシズムの上にあるという事を理解して欲しい。

※次ページ
※次ページ
(※エスキース
※次ページ
(※エスキース

'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月28日

12月28日(木)やっと風が止む 比較的暖かい一日だった

TBSが来る。昨日とは違う課(センター)。
どうやら「歩道」「ホームレス」関係取材とは違うみたい。あれこれうちらの制作を聞いて行った。
新技法「糸の術」TRY。むずかしそうだが出来上がればかなり面白い。
全体的にとても調子が良かった。今日描いてる人に沢山差入れをもらう。

今日もまた今まさに「ホームレス」にならんとする人と出会った。続々と増えて行く…。

がんばろう!
月並みだけどがんばろう。

p.s.高澤さん久々の登場!!


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月29日

12月29日(金)曇り すこし暖かいと思ったが山根君は寒かったらしい

面白い女の子連れの母ちゃんがきた。
ホームレスのおっちゃんに命(?)を助けられたといってた。

「フロウシャ」という言葉を差別意識なく使う人を初めて見た。

自分はどうなんだろう。わざとそういう「言葉」をさけて通っているきがする。
何となくまた会いそうな気がする人達であった。


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月30日

12月30日(土)

若松町のいわしで飲んでカラオケへ行って「半魚人」というオカマバーへ行って帰りにラーメンごちそうになって
その後ぶっ通しで描き始めたので何が何だか憶えていない

でもジョーが車で来てくれて千葉へペンキ取りに行って家まで送ってもらったのでラッキーだ。


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink

1995年12月31日

12月31日(日)

ことし最後の日である
12時近くまで眠ってずっとビデオ編集をする
皆バカだ…
あと2時間で95年はおわり

タケヲ最後のことばを語る
わたくしたちは皆気が合わないので
ばらばらである
けど一緒にやっている
誰かが欠けているところを誰かが
補い誰かがもっているものを
誰かが足ひっぱる
だれが一番でもだれがビリでもない
意識の問題だ
自らの持ち得るものをどこまで出して
相手の持つものを面白いと感じ
引き出すことができるか
落ち込んだときに自らはいあがってゆけるか
自分を一人の作家といえるのか
数々のもんだいはあるが
(迷いもあるが)
忘れてはいかんことは
いつもただ一つのことだけだ
忘れるな!!!

そして最後のはじまりへ


'95.12.16〜'96.02.18 Note 02 : Permlink