cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

ラッパ先生

rappa.jpg
山根康弘 作 / 現在「動く歩道」のB通路(参照


山根のオリジナルキャラ「ラッパ先生」のデザイン版。

カラー写真では2つの顔が絵になっているが、この2作は少し距離が離れているのだ。
とある場所を中心にシンメトリックになるように絵を描いていた場所だ。
「UP AND DOWN」も含めた6世帯くらいの連作だったと思うのだが、全部の写真がないのが残念だ。

段ボールハウス絵画集 | コメント (0) | トラックバック (0)

ご飯

ご飯
武盾一郎・吉崎タケヲ 合作 / 現在「動く歩道」のB通路(参照


和製シュール。
きしょい作品だがなかなか奥が深いぞ!(ホントか?)


意味不明な作品だが、よーく眺めてみるとなんか含蓄があるなあ。
う〜ん、どうなんだろう。

段ボールハウス絵画集 | コメント (0) | トラックバック (0)

覗き見る目

覗き見る目 
武盾一郎・吉崎タケヲ 合作 / 現在「動く歩道」のB通路(参照


ほんの小さな隙間でさえも「絵」にしようとしていたのが分かる作品。


植木から小さくはみ出た段ボールでさえ見のがさずに「絵」にしていた。
しかもこの「目」はしっかりと描写されているのだ。ホントにオレたちは「目」をよく描いた。
そして常に絵画の「平面性」を重視していた。

そう言えばその後、我が国の現代アートの巨匠が日本のアートとして「平面性」を打ち出し、
目ン玉シリーズを発表して大ヒットを飛ばしていたっけ。

ピカソやビートルズも数々のショッキングで新しいと「呼ばれる」作品を連発して行った。
秀逸なインディペンデント作品からパクり続けて巨額の富みを獲たのさ。

荒削りだが「次世代」を確実に予言している作品は常にインディペンデント、ストリート、マイナーと呼ばれる所に在る。
その上澄みを掠め盗って量産するのは常に強者だ。


「勝てば」いい世の中だ。

ヘコたれないで生き抜こうぜ!
今はまだ名もなき先駆者たちよ!

段ボールハウス絵画集 | コメント (0) | トラックバック (0)

にょろ

にょろ
武盾一郎・吉崎タケヲ 合作 / 現在「動く歩道」のB通路(参照


地下から這い上がろうとする「醜くて優しい存在」を現そうとした。

そう、疑問に思うのが「容姿」についてである。
中身がカラッポだからみんな「流行りモノとブランド」で身を包むのか、
それともしっかりしているからこそ「おしゃれ」に気遣うのか。

ここ地下道に暮らす人たちは、みな「いい顔」をしていた。
少なくともオレはそう感じた。

「嘘がないから」だと思う。
ごまかしようがないもんな。

しかし「嘘のない状態」が「美しい」とも限らない。
「醜い」場合もある。

人間の本性は「グロテスク極まりない」し「美しい」。
あとはそれを「愛おしい」と思うかどうかかも知れない。

段ボールハウス絵画集 | コメント (0) | トラックバック (0)

キック!!

キックする二面顔
武盾一郎・吉崎タケヲ 合作 / 現在「動く歩道」のB通路(参照


通路の植え込みと柱の隙間から通行人にキック!


現在の「動く歩道」となっているB通路には植木が柱の間に並んでいた。
よって段ボール絵画は植木と柱の隙間に「はめこんだ」ように見える。

「目隠し用の邪魔な植木」をどかして絵が大きく見えるようにした作品もあった。

とにかくここB通路での目標は通路全部を「絵にする」ことだった。

段ボールハウス絵画集 | コメント (0)

previous << |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  | 25 |  26  |  27  | >> next