cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

サメと食卓

サメと食卓
武盾一郎・吉崎タケヲ・山根康弘 合作 / 西口地下広場(参照


平面性を意識した不条理絵画。
なかなかよいですね。

写真ではちと分からないが顔などは実によく描き込んであるのだ。
「ロシアアバンギャルド」の天才兄弟ステンベルク顔負けの和風な「デザインセンス」も見どころだ。

実はわりと「喰う」ことに関する絵も結構描いていて、これもその一つ。
オレは料理が作れないくせに人権だのなんだの抜かすヤツらを信用しないことにしている。
もしそいつが男なら料理は「女」か「産業」に作ってもらうことになる。
もし「女」に料理を作らせているなら、その男がどんなに「人権」を唱ってもなんの説得力もない。
もしフェミニズムに影響され、調子に乗って料理を作らない女がいたとするならば、食い物は買うか、誰かに作らせることになる。
それは結局、資本主義の構造にベッタリと依存していることになるし、誰かに助けてもらわないと飯すら食えないということになる。
それは「女の自立」とは程遠い。
命を繋ぐ「食い物」、材料から作るのはちと無理だが、せめて喰うもんくらい自分で創作出来ない人間に「思想」などない。

そう言えばここ地下道には旨いものをつくるオッチャンたちが一杯いた。

段ボールハウス絵画集 | コメント (0) | トラックバック (0)

まめ

まめ
武盾一郎・吉崎タケヲ・山根康弘 合作 / 西口地下広場(参照


人体はいくら描いても飽きないものだ。

実を言うとオレは「風景画」が描けなかった。魅力も感じなかったし。
ただ「ウィーン幻想派」や「スペインリアリズム」や「シュールレアリスム」などで描かれた風景はスンゲエ好きだった。
あーゆー観るものを「とりこ」にする風景を描きたい、と思いつつもオレの技量では無理だった。
悔しい。いつか描いてやる。
しかし、この絵で気まずかったのは「ひっくり返った生首オヤジ」の絵が家主そっくりになってしまった点である。

段ボールハウス絵画集 | コメント (0) | トラックバック (0)

酔生夢死

酔生夢死
武盾一郎・吉崎タケヲ 合作 / 西口地下広場(参照


オレが大好きな言葉のひとつを絵に入れてみた。

そう言えば牛もよく出て来るモチーフなんだが、オレの中では「平和」とか「安らぎ」とかの象徴なのかも知れない。
 
オレから復讐心を奪ったら努力する気持ちの9割は消えてしまうだろうなあ。
でも心のどこかでは「努力も何もせずに穏やかにノホホンと過ごしたいなあ」なんて思ってたりもする。
人間が桃源郷を夢想したのはこんな気持ちからなのかなあ。
「胡蝶の夢」のような、くらくらする不思議な感覚をそういえばこの地下道ではよく感じていた。

段ボールハウス絵画集 | コメント (0) | トラックバック (0)

月に寝る

月に寝る
武盾一郎 作 / 西口地下広場(参照


途中の作品。

思いっきり途中だけど、どう言う訳かこれ以上、加筆しなかった。

段ボールハウス絵画集 | コメント (0)

平和になりたい

平和になりたい
武盾一郎・吉崎タケヲ 合作 / 西口地下広場(参照


平和になりたい。
心の中で荒れ狂う憎悪と悲しみと怒りよ、消えてくれ。

とにかく自分の心が平和ではないのだ。
コンプレックスを克服しただと?

嘘をつけ!

どんなに努力して自分を変えようとしたって自分の劣等感から逃げることは出来ないじゃないか。
何を手に入れても変わらないんだよ。
オレはナイフの換わりに筆を持つ。
心が平和になることを望みながら、変えようもない苦しみにナイフを突き刺すんだ。
殺せ!殺せ!と叫んでいる。
殺す相手は自分なんだ。
ナイフの刃先を自分の心に突き立てて。
刺せ!刺すんだ!刺し殺せ!
そんな言葉を連呼しながらオレは絵を描いていたりする。

描いている時に近寄ってみたら「畜生め!畜生め!」と口走っているオレを観た人もいるかも知れない。

段ボールハウス絵画集 | コメント (0) | トラックバック (0)

previous << |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  | 17 |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  | >> next