cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

Shinjuku Underground

「Shinjuku UNDERGROUND / Tokyo / JAPAN」

20世紀末、
巨大都市新宿の地下

そこには路上生活者たちによる独立国家とも云えるコミューンが存在していた。

shinjukunohidarime.jpg

数百軒もの段ボールハウスが西口の地下道にひしめき、林立していた。
その段ボールハウスには一軒一軒絵画が描かれていたのだ。
摩訶不思議な、そして国家そのものをあざ笑うかのような反逆的な色彩を鮮烈に放っていた。


絵画はアーティストたちによって描かれていた。
その絵画制作集団のリーダーは「武盾一郎」このweb画集の制作者である。

武盾一郎はこの段ボールハウス絵画制作中に逮捕され22日間の拘留を強いられる。
その後も制作活動は続けられるが、1998年の大火災によって地下道の王国は滅びるのである。

その後行政は再びホームレスの自治区などが出来ないよう、
大幅に地下道を工事、ホームレスを新宿西口地下道から追い出すことに成功した。


このWEB画集は当時、段ボールハウスに描かれた絵画に焦点をあて、
今となっては幻となってしまった地下の王国が大都市の真ん中あったことを蘇らせる為に作られたものである。

ここにアップされている作品群はほんの一部に過ぎない。

「瞬間が命なら記録などしない」と考えていた為 自分達の作品を記録しなかったのだ。

このサイトの写真は写真家の迫川尚子氏の作品を中心に、この絵画制作に共感した人たちが公開を快諾してくれたものである。

本当に有り難いことだ。


システムに迎合する以外道のない今の芸術に対し、
そして揶揄されることによってのみアートである確証を得るといった脆弱さとも無縁な、
この段ボールハウス絵画活動の在り方は非常に重要で且つ、
価値の高い尊いものであると確信するものである。

武盾一郎


▼ English

INTRODUCTION (はじめに)

At the end of the 20th century
In the underground beneath the enormous metropolis of Shinjuku.

There was a commune, an independent nation even, of people who lived their lives on the street.

[PICTURE]

Hundreds of cardboard houses grew up in the underground passageways of the west exit. On each of these houses were paintings. Mysterious and magical, they threw vivid colors of resistance out into space, a kaleidoscope of derisive laughter against the state.

A group of painters painted them. Leading the group was Take Junichiro, who is also the person who made this website. Once during the painting process Take was arrested and forced to spend 22 days in jail. The painting continued even after his arrest, but finally came to an end when the underground kingdom was destroyed in a huge fire.

After the fire, the authorities started reconstruction on the tunnels so that the homeless could never occupy them again. They succeeded in kicking the homeless out of the west exit underground.

This website was made to call attention to the paintings on the cardboard houses, and bring back to life the kingdom within a city that once was there but has now become nothing more than a phantom.

The works included here are only a small portion of all the works that were painted.

We didn’t photograph the works ourselves. We felt that the moment of life didn’t leave room for recording.

The photographs here are the work of photographer Sakokawa Naoko and others who sympathized with what we were doing. They generously gave their permission to use them.

We give them our deep thanks.

This wasn’t art that bowed to the system, nor did it have the weakness of finding authenticity only in its marginalization. This is why the work that sustained the cardboard art is so important and valuable.

Take Junichiro
(訳:Justin Jesty)

コメント (6)