cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

おがむ手

おがむ手
武盾一郎 作 / 西口地下広場(参照


隣の「おがむ顔」と連作になっている。
「Take」作。

手の中には母と赤ん坊がいる。
赤ん坊は何やら挑戦的な目つきでこっちを見ている。
それはこれから産まれようとするものが現在の価値観をひっくり返して行く、という意志だ。
結論から言うとその志はことごとく打ち砕かれて、これら膨大な作品群は東京都に「ゴミ」として捨てられる。
この絵画活動もその価値を認められる事はないまま無視され続けている。
この絵たちが(例えネット上でも)生きて存在してる限り、再生と復活があることを、信じて拝むしかない。

コメント (0)

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?