cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

まめ

まめ
武盾一郎・吉崎タケヲ・山根康弘 合作 / 西口地下広場(参照


人体はいくら描いても飽きないものだ。

実を言うとオレは「風景画」が描けなかった。魅力も感じなかったし。
ただ「ウィーン幻想派」や「スペインリアリズム」や「シュールレアリスム」などで描かれた風景はスンゲエ好きだった。
あーゆー観るものを「とりこ」にする風景を描きたい、と思いつつもオレの技量では無理だった。
悔しい。いつか描いてやる。
しかし、この絵で気まずかったのは「ひっくり返った生首オヤジ」の絵が家主そっくりになってしまった点である。

コメント (0) | トラックバック (1)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp53015762.lolipop.jp/cgi_folder/mt/mt-tb.cgi/63

このリストは、次のエントリーを参照しています: まめ:

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?