cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

ハルの絵

ハルの絵
えもりはるひこ 作 / 西口地下広場(参照


一回だけ描きに来た現在紙芝居師「えもりはるひこ」の絵。

武盾一郎、吉崎タケヲ、山根康弘の三人以外にもここに描きに来た人たちは結構いた。
その中の一人「はる」が描いた絵。「はる」は「イトヒサ」とふたりで1996年にここ地下道にやって来たのだ。
二十歳行くか行かないかの男の子二人組だ。


このくらいの年代はいいね。
右翼だとか左翼だとか知らないし、表現と反体制が直結してしまうコトとか考えてないしね。
直感なんだよね。
ただ、危険なのは、ていよく強者の都合に流されている状況に気づけないってコトだよな。
大体、「近代」というシステムを導入しているコト自体にオレは違和感を感じるよ。
坂本竜馬は確かに偉人だと思うけどさ、幕末から明治時代初期の歴史で開国派だけを「正義」として教えてるこの国の史観自体「気色悪く」ねえか?
日本人の性根ってそんなにヒヨワだったんかねえ。違うと思うなあ。
確かに「欧米列強には力では到底勝てない」。
そんな中で「苦渋、そして屈辱と恐怖の選択」として開国したんぢゃねえのかなあ?
オレはそう思うけどなあ。
「腐敗しきった江戸幕府政治から、栄えある近代国家樹立としての開国」ってウソくせえよなあ。
それから「卑劣極まりない国家神道天皇制から民主主義へと華麗なる変貌を遂げた戦後の日本」って言うのもウソ臭えよなあ。
戦争に負けたからって「ケロ」っと連合国側の都合を神のように崇める史観ってなんなんだよなあ。
さらに「テロのない平和とグローバリゼンションへの21世紀だ」っつーのもウソ臭えよなあ。
結局、これって全部「強いもの」が「侵略」してるに過ぎねーんぢゃねーの。
下らねえ右翼だの左翼だのって言い争いは、いらねえ。
でもよ、無知蒙昧に強者の敷いたプロパガンダに何の屈託なく頷いちゃあ、いけねーぜ。

コメント (0) | トラックバック (1)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp53015762.lolipop.jp/cgi_folder/mt/mt-tb.cgi/59

このリストは、次のエントリーを参照しています: ハルの絵:

» dating from dating
Links to dating sites [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月30日 22:09

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?