cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

足
武盾一郎・吉崎タケヲ 合作 / 地下鉄「京王新線」へ続く地下道(参照


平面的にペタッと描く。
これは「日本人の絵画」だ。

オレたちが絵画的に目指していたものは「平面性」である。
浮世絵をはじめとする日本の絵のデザインの良さ(平面性)を取り入れようとしていた。
それと、光と影から産まれる立体性、をうまくミックスして「日本人」ならではの絵画を描くぞ、と思っている。
いろいろな「試行錯誤」がこの段ボール絵画をよりいっそう面白くさせている。

とは言うものの内心「失敗したなあ〜」って思うものもあった。

でも、そこはみんなで補いあって完成まで辿り着かせた。
とにかく「いい絵」になればよいっていうことでやってた。
なかなかそう思われないけど。

コメント (0)

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?