cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

べるるるる・・・

べるるるる・・・
武盾一郎・吉崎タケヲ 合作 / 地下鉄「京王新線」へ続く地下道(参照


ピンぼけの写真しか存在しないのがまことに残念!
人体形体に対するこだわりが良く分かる作品。

古今東西絵に描かれている人体はだいたい人間ではそう出来ない形にデフォルメされている。
それを「絵」として成立させればいいんだから何も実際の人間と同じでなくていい。
そのデフォルメの仕方が大胆でかつユニークなのは「洋画」ではなく「浮世絵」だとオレは感じていた。

この絵画たちの形体からかもし出す雰囲気が、「没個」の群集に身を潜めた「意地汚く品性の低い、バッタ大群、日本人」に何らかの「カンフル剤」になればいいと思っていたんだ。

誇りを失い、ウィルスのように増殖するだけの「大日本総中流市民意識」と美意識を持たない中途半端に権利かざす「デモクラ、イズム連中」こそ世界中でナメられてる「日本(ジャップ)」を形成しているのだ。

コメント (0) | トラックバック (16)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp53015762.lolipop.jp/cgi_folder/mt/mt-tb.cgi/37

このリストは、次のエントリーを参照しています: べるるるる・・・:

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?