cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

初作品

初作品
武盾一郎・吉崎タケヲ 合作 / 西口地下広場(参照


新宿西口地下道段ボールハウスペインティングのデビュー作。

最初、地下道の段ボールハウス群に絵を描こうとは微塵も思わなかった。新宿の何処かでゲリラ的にストリートペインティングをしようとしたのだ。オレは「TAKEWO」とペンキをかついで新宿を歩き回った。しかし、一見自由そうに見える大都会もゲリラペインティングが出来そうな所は見つからなかった。さんざん捜し回ったけど、この街はやっぱりシステマティックだった。意気消沈してオレたちはあてもなく彷徨ったのだ。


希望を失い、呆然と新宿に立ち尽くした。街は巨大で威圧的だった。絶望感に覆われながらフラフラと人の流れに任せていたら、オレたちはいつの間にか新宿西口地下道の段ボールが連立する村に辿り着いたのだ。そのまま、ふらふらと吸い込まれるように一軒の段ボールハウスに近付き、そのまま段ボールの扉を「パスッ、パスッ」とノックしたのだ。

「なんじゃい」
中からはがたいのいい恐そうなオッチャンが顔を出した。
「絵を描いてる者ですが、あなたの段ボールの家に絵を描かせて貰えますか?」
「なんじゃい?」
「ですから、段ボールハウスに絵を描かせて欲しいんです」
「なにぃっ!」
「・・・」
「あっ、いいよ、描け」
 
そう、こうして段ボールハウスペインティング活動の幕は切って落とされたのだ。オレたちは
夜から朝にかけて、「TAKEWO」と二人で2軒の段ボールハウスに絵を描いた。
夜中は人の叫び声とガラスの割れる音が遠くから聴こえ、数十分おきにパトカーと救急車のサイレンの音が地下道に響き渡っていた。

真夏の夜、大都市のアンダーグラウンド(地下道)からオレたちの「反逆」は始まったのだ。

----------

The very first Shinjuku Underground Station West exit Cardboard painting.

Initially, I wasn't intending on painting those cardboard houses at the underground corridors at all. I was set to street-paint in Shinjuku, guerrilla style. I walked around Shinjuku with paint cans with "TAKEWO". But the seemingly open, unrestricted big city didn't have any place for the guerrilla paint job. We looked and looked but it was all systematic. We just walked around aimlessly with disappointment.

We just stood around hopelessly. The city was gigantic and oppressive. As we followed the river of people in despair, we came across the village of cardboard houses at the Shinjuku Underground Station West Exit. We stumbled onto one of them, knocking the cardboard door:

"What do you want?" A large man with a menacing face answered.
"I'm an artist and I would like to paint on your cardboard house," I answered.
"Say what??"
"Like I said, I would like to paint on your cardboard house."
"What!"
"..."
"OK, go ahead."

That's how our cardboard house painting got started. We, "TAKEWO" and I, spent all night painting two of the cardboard houses that night. We kept hearing distant sounds of people screaming and shattering glass, and the underground corridor was filled with the police siren and the ambulance siren every once in a while.

In the summer night, our rebellion was born in the underground of the mega city.

コメント (0)

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?