cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

新宿の左目

hidarime_600.jpg
武盾一郎・吉崎タケヲ・山根康弘 合作 / 西口地下広場(参照


1996年1月24日、東京都による新宿西口ホームレス強制排除でも生き残った代表作。
新宿西口地下道段ボールハウス絵画と言えば「この絵」だと言っても良い。

「ヤマネ」が「新宿の左目」と言葉にした。その言葉のイメージで三人同時に描き出した。
夜通しのライブペインティングだ。三人のバトルだった。このペインティングバトルのテンションはギャラリーが出る程だった。

西口のロータリーをはさんで向いに「新宿の目」という右目だけのモニュメントがある。オレたちの描いた絵は「左目」だ。
ちょうどいい。これで対になった。新宿の地下道に巨大な両目が出現したのだ。地下道はこのクソ日本に牙を向く魂を持った生き物となったのだ。

念のため言っておくが「新宿の左目」の「左」は別に「左翼」の「左」なんかではない。60年代を引きずっているチンカス団塊オッサンども、誤解しないでくれ。オレはお前らみたいなクズではない。
そうそう、ちょっと不思議なことだが、この絵が出来上がった時「この絵がなくなる時がこの村が終わる時だなぁ」って漠然と思った。

強制撤去でも生き残った「新宿の左目」は地下王国のシンボル的な存在となって君臨し続けたのだ。

そして1998年2月の大火災。
水浸しになった「新宿の左目」は東京都に破棄され、同時に村もなくなった。
「新宿の左目」は、本当に段ボール村と共に死んだのだった。

----------

This piece is considered a representative work of ours that survived the forced removal of homeless people by the city of Tokyo on 1/24/1996. It's THE Shinjuku Underground Station West Exit cardboard house painting.

Yamane mentioned the words "Left Eye of Shinjuku". The image of those words got the three of us started. It was an all night live painting. The battle of us three. It was so intense that we drew some audience.

Across from the West Exit rotary there is a monument called "An Eye of Shinjuku". It's the right eye. And the one we painted is the left one. Makes sense. It's the pair. The giant eyes had emerged in the Shinjuku underground corridor. The underground became a creature with a soul, baring its teeth against fucking Japan.

Just in case, I must say that the "Left" of "The Left Eye of Shinjuku" has nothing to do with the left wing. So those middle aged dick-wad lefties dragging around the 60s shouldn't mix this up with that. We are not piece of shit like you all. By the way, it's odd but when we finished painting this one, we somehow felt that when this painting is gone, that'll be the time this village will be gone.

The Left Eye of Shinjuku which survived the forced removal had prevailed as a symbol of the underground kingdom.

Then the big fire of February of 1998 came. Soaked in water, the painting was disposed of by the City of Tokyo, and the village has disappeared as well. The Left Eye of Shinjuku really died with the cardboard village.

コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp53015762.lolipop.jp/cgi_folder/mt/mt-tb.cgi/137

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?