cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

罪(無罪)

罪(無罪)
武盾一郎 作 / 西口地下広場(参照


段ボールハウスが撤去される時の写真だろうか。

奥にある「罪」の字の左側には「無」の字があり「無罪」と描いた作品なのだ。
それは、1996年1月24日強制撤去に抵抗した活動家が一審で「無罪」となったことを受けて描いた作品だった。
それが後に「有罪」となり、1998年、都は村を絶滅させる「罪」をつくっている。
「罪」は社会の都合で作られる。その社会を作っているのは人間ひとりひとりだ。人間同士でいざこざしてるならまだしも、地球まで破壊してる。
人はそもそも「罪人」であるって案外正解なのかも知れない。

----------

This might be a picture when the cardboard village was being removed.

Far into the picture there is the word "sin" (罪) and to the left, there is the word "no"(無), the piece reads "innocent"(無罪). It was a piece done as a reaction to the not guilty verdict of 1/24/1996 to an activist for protesting against the removal of the cardboard village. Later the verdict was reversed. The activist became the sinner and the city committed a sin of eradicating the cardboard village. A sin is manufactured according to the convenience of the society. The society is made up with individuals. While we fight among each other, we are harming the planet. It might be correct that we are all born sinners.

コメント (0)

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?