cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

イトヒサの絵(4)

イトヒサの絵(4)
鷹野依登久 作 / 西口地下広場(参照


96年の夏に描きに来ていたイトヒサの絵(右側の絵)。

1996年、「イトヒサ」と「はる」のふたりがここ地下道にやって来た。まだ、あどけなさの残る顔をして。イトヒサはこの当時18才。
「ここで描きたいんですけど」という言葉にオレは少し冷たい態度で「ここは別にオレの土地じゃない。家主に直接かけあってくれ」みたいなことを言った。
でも内心実はすごく嬉しかった。オレのやっているこの制作に触発されたヤツが直接目の前に現われたからだ。
しかし喜びもつかの間、オレは逮捕されて檻の中に入れられてしまった。
けど、イトヒサとはその後頻繁にコラボレーションをするようになった。
彼のハイセンスでしなやかなドローイングにオレはかなり影響を受けた。
この当時イトヒサはペインティング主体で描いていた。

コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp53015762.lolipop.jp/cgi_folder/mt/mt-tb.cgi/127

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?