cardboard-house-painting.jp topcardboard-house-painting.jp FLASH vercardboard-house-painting.jp HTML ver新宿区ダンボール絵画研究会当時の制作ノート

イトヒサの絵(1)

イトヒサの絵(1)
鷹野依登久 作 / 西口地下広場(参照


96年の夏に描きに来ていた鷹野依登久の絵。

96年、いつものように新宿の地下道で絵を描いている時だった。
幼い顔をした男ふたり、イトヒサとハルはオレの所に来て「絵を描かせてほしい」と言って来た。
その言葉があまりにもたどたどしかったのでオレはてっきり「知恵おくれ(差別用語か…、じゃあ何と言おうか、脳に障害があって社会人としてちょっと難がある人(こっちの方が差別っぽいなあ…))」だと勘違いしてしまった。

別にオレがここを仕切っている訳ではないので、描きたい所があったら自分で家主たちにことわって描きなよ、みたいな感じで返事をしたと思う。

「イトヒサ」こと「鷹野依登久」は現在、SWAMP-PUBLICATION主宰。自主制作アーティストブック等をプロデュースしている。

この当時18歳。

コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp53015762.lolipop.jp/cgi_folder/mt/mt-tb.cgi/56

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?